Coffee Beans Kurochamame

for Dripbags, Coffeemakers and hand-brewing

たっち!

 

タッチパネルに対応するにはWindowsを選ぶほかなく

先日ばいぜんした分、ディスカバリーでも3キロでも、なぜかベストバッチだけ記録が全くできていなくて、手掛かりがなく、ばいぜん中の記録方法はまだまだ見直し中です。Windows環境での操作それも新しいPCでの操作に戸惑っていることを差し引いても、まったくなぜかですが、いつもうまくいくときは記録に取れたためしがありません。そこで、いっそ、ばいぜん中のすべての行動をビデオに撮れるようにしようと思っています。該当する部分をどうやって抜き出すかという問題はあるのですけれど、なるべく火力だけでもどのタイミングでどの程度操作したのかわかるように記録しようと思います。

写真はこれまで使っていたパナソニックのノートやらデスクトップの代わりにHPのタブレットモードのあるパソコンをつないだところです。13インチだとまだ画面は小さく感じますけれど、これくらいあれば、タッチパネルの操作もまずまずです。

ただ、キーボードで入力すると、おそらく bluetooth周りの設計がまったくなっていない様子で、こちらについてきてくれないので、本当にもどかしいです。(その後、ウィンドウズアップデートを完了してかなりましになったようにもおもいます)

その点、レッツノートはスペック上は大したことなくても、すべてがきびきび動いて応えてくれまして、基本的な性能については隙がありません。

ただ、質感とか、音質とか、昔だったら、日本ブランドの独壇場だったはずの部分は完全に負けていますね。人間の感性に訴えかける部分の作り込みに関してはここ十数年のアメリカブランドに完璧に負けていると思います。

今、特に個人用として日本ブランドのPCを選ぶメリットはあまり感じられません。ただ、仕事の道具と思えばパナソニックはそこそこ悪くない選択肢ではあります。最新モデルであればぎりぎりリモートで会議できるくらいのクオリティの音と映像は確保できているでしょう。少し古いモデルになると、文字通りかの鳴くような音量です。

HPでさえもまだまだ音に関してはiPhoneにも断然負けている感じがします。(その後、後ろに物がある条件だとMacbookproにかなり近い感じで音を響かせてくれることがわかりました。ただし、アップル製品ほどあらゆる音源に対応できる器用さはなさそうですが)音量も音質もiphone単なるスマホなのに7以上なら数人程度でテレビ会議に臨時参加する程度なら十分できる音質と音量画質です。HPは頑張っている方ですが、カメラの性能もアップルの5年以上遅れている感じがします。画面の表示品質も解像度だけはMacbook proRetina以上なのですけれど、実際の表示性能はWindows自体の描画環境の違いもあいまって、及ばずです。

実用上は十分ですし、ばいぜんには関係しないことですから、データを取る分にはいいのですけれど、例えば同時にばいぜんの結果をしっかり写真に撮って記録しようと思ったら、やっぱりマックを選ばざるを得ないかもですね。

すべてを一つにまとめる必要はないのですけれど、キャリブレーションなどということを一切意識しなくても、焙煎度を大まかに判断できる程度の再現性がしっかり確保できるMacOS, iOS。しかも滅多にない特殊な解像度もほとんどカバーしているので、自分の使っている特殊なモニタなどにもすんなりつなげて本当に便利なんですよね。

だれか勝手にiPad/MacOS向けにタッチパネル用の汎用ドライバを開発してくれないかと首を長くして待っていますが、いつになることやら。

たとえばビーベリーの断面など

新しいマクロレンズを試してみました。

やはり50mmと比べても新しいのはいいですね。倍率は同じなのですけれど、そんなによらなくてもいいので、レンズが影になりにくいし、絞ればそれなりに被写界深度も取れてピントが合うので、手持ちで照明もそのままで、わざわざ深度合成などという面倒なことをしなくてもなんとかこれくらいは撮れます。ピントが合っていいる部分がセンター近くのごく狭い範囲なので、ちょっとボケて見えていますが、これをカバーするには被写界深度合成をするか、 iPhoneを別のレンズを組み合わせて使ったほうがうまく取れる可能性はあります。ひょっとして13だとそれも必要ないかもしれません

ISOが6400まで上がってしまったので、さすがにPC画面上ではあまり見れた画質ではないので、もう少しいろいろ試してみていいところを見つけようと思っています。

究極、最後はPHOTOSHOPに頼るしかないかもしれません(が、たまに人様に自慢したり、発表したい時にやるならともかく、いちいち毎回そんな手間をかけられるはずもなく、カメラ内で完結できて欲しいところです)。1万円以下で売られているデジタル顕微鏡でもある程度倍率は出せるし、意外に実質的な解像度も確保できるみたいですが、細かい表面実装部品の基板のはんだづけや点検用の延長程度のものでしかないので、どうしても色に関してはおざなりでして、後でそれっぽく補正したとしても、最初の段階でしっかり撮れていないものは、豆の内部の微妙なグラデーションは再現できないのです。

だから、どうしても、きちんとした一眼レフにちゃんとしたレンズを組み合わせるか、最低でも iPhoneと本物の顕微鏡を組み合わせる位しか方法はなさそうです。最新のiPhoneなら単体でもそこそこ撮れそうですけど、デジタルで加工した跡があまりに強くて、一眼レフと比べるとたぶんディーテールは再現できないでしょうし、公開されている画像のようなものを撮るにはそれなりのテクニックが必要になるはずなので、こればっかりは最新版に買い換えて済むというわけにはいきそうにない。

できれば一つ一つの細胞の仕切りまで確認できるところまで拡大したいものですけど、そこまで見る場合は、やはり実体顕微鏡みたいなものを組み合わせないと難しいだろうと思われます。

ただし、費用の問題もありますけど、やはり手軽さも重要です。なるべくなら余計な機材に頼らず、手持ちでひょいと撮影して、すぐにその場で確認してから、保存して、バッチごとの差をデータと一緒に張り付けて管理できて、見たいときにはサムネールみたいにずらっと並んで比較できると理想的です。しかし、いまのところは最低限三脚は必須です。あまり大げさになるくらいなら、当面は iphoneで手軽にできる範囲に限定してやりくりしたほうが現実的かもしれません。

モニタはオートキャリブレーションがついたEIZOを選べばお豆の美容の管理には十分ですし、それこそ、編集した結果をただ見るだけなら、IPhone8やMacbookPro(モデルによる)のRetinaでほぼ問題ないのですが、撮影の段階から色の再現性を確保しつつ、倍率を稼ぐのはかなりしっかりとした装備が必要なので、今後の課題です。

Olympus Zuiko 60mm F2.8 Macro デジタルズームの類を使っておりませんので、サイズはこれくらいが限界。※撮影倍率は0.5倍。カメラの場合映像素子に対する画像のサイズで倍率を計算するので、実際の見かけとは異なります。この場合、画面に映し出すと、たとえば5から6倍くらいには拡大されているように見えるかもしれません。

お豆のメリーゴーランド ver2.0


www.youtube.com

冷却中も時間を惜しんでハンドピックされる方も多いと思います。

自分の場合はそういうことをすると、めまいがして倒れそうになったり、手を挟みそうになったり、一緒に撹拌バーと回ってしまったりするので、目が回らないように回転速度を調整できるようにしました。

500〜750gの焙煎量でも最適な回転速度を生み出せるのは55hzあたりでした。 西日本の60hzはやはりちょっとだけ早いです。あまり速度を上げると遠心力が効きすぎるのがわかります。

なぜだかの緊急停止スイッチ(仮)


www.youtube.com

なんの意味があるの?とか、こんなんで実際間に合うの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、ちょうどまんべんなく、並べられる豆の量だと、回さないほうが早く冷えてくれるのです。

もちろん、攪拌モーターは止まっても冷却モーターは回り続けていますし、4段階で風量調整が可能です。

Artisan と豆アライグマ(の漬物)の顛末

Artisanのテーマが意味なく、巨大なボタンを表示することがあって、どうなっているのかとおもっていたんですが、これはどうもタッチパネルを意識したデザインであることが判明して、謎が解けました。

うっかりなぜか手にしてしまったWindowsのノートパソコンで記録をしていて、画面を触ると反応してびっくり。

そうだこいつはタッチパネル対応だったっけ。

誤動作が多くて、切っていたはずだったのですけれど、ウィンドウズだとカーソルを見失うことも多いし、咄嗟に入力するにはこっちのほうが手軽でいいです。

ただ、今使っているノートは12型で自分にとっては画面が小さいし誤動作もあるので、マウスと併用です。

 ArtisanがiOSに対応してくれればIPad Proで記録してもいいんですが、今出ていないということは今後も期待薄です。世界では日本ほど普及していませんから。

今朝、数日前200gでローストした分を再評価してみて、直後の評価はx△だったのですけれど、ほぼ◎〇になっていまして、特に特殊処理した分で、直後の評価で廃棄するしかないと思い込んでいた分は、まるでデカフェを濃く淹れたみたいに変貌していまして、なおかつ、ちょっと気になるくらい酸が立っています。

小倉の水で出すと、怒られそうなレベルですけど、このバランスはスペシャルティの世界ではかえって評価されそうです。

まだ再精製の手順が確立していなくて、ちょっと癖がありますけれど、これ、逆にデカフェに改良した処理を加えれば、デカフェで消失しがちな酸が復活して、いいバランスにできるかもしれません。

ということで、打ち切りを検討していた豆アライグマプロジェクトは4月以降も続投が決定いたしました。

復活の火 最終バージョンへ

本日2,2倍速モードでの強制冷却は4段階に調整可能にして、実用に耐えるようになりました。

そのほか、3キロの焙煎機を設置してやりたかったことのうち、炭火と同じ赤外線を積極的に利用して焙煎することなど、技術的なハードルが高くて、まだ実現ができていないものが、いくつか残ってはいるのですけれど、今の時点で盛り込めるほとんどすべての要素はほぼ実装を終えました。今回かなり操作しやすい体系にできたと思います。

また微圧計や余計な温度センサは排除してオリジナルの温度センサだけにしています。

本当はスコットラオおすすめのポジションにまめ温度計を設置してみたいのですが、フロントパネルに穴を開けるのは気が進まないのと、どうしてもフジの羽の形状の関係でスコットの言うのと同じ温度は測れそうにないので、そこについては、ドラム自体を特注してみる気になったら、ということで、今回は考えないことにしたのです。

そのほか、もともとあった制御盤にほとんどの計器を埋め込む目処も立ちまして、コントローラも排気ファンの横にくっつけることになり、排気ファンの固定用に付属する金具に取り付けられたので、それなりに様になっていまして、いずれはきちんとした完成版を時間のある時に作り直したいと思います。

ドラムの回転も、無段変速にすると、却って面倒が増えるので、シンプルに4段階の設定としました。33と1/3回転、45回転、標準 (約58回転)、78回転といった具合です。

排気ファンは独立排気で余力がありすぎる状態ですので、ダウンサイジングして、1つ下のクラスになる予定で。おおよそ、標準の3割から4割増程度の風量から、ゼロまで自在に可変できる体制です。周波数をあげれば、標準の倍くらいの風量は余裕ですが、なにせ騒音もそれなりに発生しますので、ごく短時間の運用が基本です。一番、よく使う風量設定はこちらも4段階でスイッチ操作できます。

それと攪拌モーターを回すと自動的に冷却ファンが始動するなど、操作性にも磨きをかけました。

またまたアイデアだおれで終わる可能性もありますが、今日の改変の目玉は排気EGRです。ローリングなどの循環式の熱風焙煎機ような中深煎りで特徴的な絶妙なスモーキーさをフジで出せないかと思って以前試してみたアイデアを再び掘り起こして搭載です。

今回は、フレーバーよりも排気の一部を燃焼室に循環させることで部屋の冷たい空気がバーナーの熱気と十分に混ざり合わないままにドラムに侵入するのを防ぐ目的です。焙煎量が増えたときに備えて本格的な煙突をこさえる前の暫定でのテストを予定しています。

当初は操作側にも補助バーナーを設置する予定でいろいろ考えていたのですが、余計な装備はやめて単純に排気の一部を燃焼室に導いて吸わせることにしたのです。

排気は多少酸素が減ってはいても、極端に燃焼に影響するほど酸欠ではないようですので、燃焼の方は問題ありません。ただ排気の勢いでバーナーの炎が消えないように注意する必要はあります。

燃焼室に入る空気を事前にヒートガンで温めてみたり、排気を戻してみたり、この手のやり方を以前試した時は、豆に伝わるカロリーが計算しづらくて、ギブアップしたのですけれど、今回はこれまでの経験から、ある程度までは豆の発散する匂いだけで判断できることがわかってきていますので、今だからこそ、試す価値があるという気がしています。

ただし、焙煎量が増えると、どうしてもしっかりとした煙突に頼らざるを得ないので、その時、どのような構成が考えられるかという点については、たぶん、焙煎機を買い換えた方がいいくらい大変になりそうですので、今の時点では考えないことにしています。

あとは、先にもいった、深煎りでの赤外線対応ですね。

 

 

復活の火 1.5kgでの焙煎

メインとサブのバーナーを連結すると操作は簡便になり、記録も簡単ですが、サブバーナーを単独で操作できないと単なるカロリーの増強効果しかなく、わざわざ付け足した意味は薄れます。

ということで余っていた圧力計を取り出して、別々に操作できるように作り直してしまいました。右手でメインバーナー、左手でサブバーナーというふうに使えば操作はそんなに遅れない。しかし、記録が少し面倒です。サブバーナーは必ず、0.7kpa, 1.4kpa,といった刻みで調整すると決めて、おおよその段階ごとにメインバーナーに合わせて、必要に応じてサブのみに切り替えて操作も可能ということにしてみました。

1.5kgでの焙煎はやはり火力のぎりぎり感が半端なく、2,5kgでの焙煎とあまり変わりない熱量が要求されます。

今回、豆の仕上がり自体はこれまで1、5kgで焙煎した中ではいいほうだったと思いますが、ここまでいったら、いっそ、2,5kg位回したほうがまだ良いのではないかと思うところあり。

もう少し、たくさんやってみないとはっきりとしたことはいえないのですけれど、ドラムの設計とか基本的な構造からくる特性というのは排気やバーナーを変更したところで変えられない部分があるのかもしれません。

750gあたりを最小焙煎量と決めようといったばかりですが、やはりこの焙煎量だと少し面白みにかける感じなので少し幅を持たせて、今の設定で実用的な焙煎量としては500g〜800g(ないし1キロ)の範囲でやってゆくことにします。

特に、少し、攻めた焙煎をしたい場合、500gくらいがやはり良さげです。

これくらいだとあまりテストスプーンにかからないのですけれど、なんとか、ぎりぎり豆温度計が参考になるところになります。

次は2,5kgもやっていきたいですが、当面は少量で取り寄せてそのままになっている豆や半端な豆を中心に煎ってゆくので、試すのは少し先になりそうです。

 

ふたたび復活の火 New Preheat Protocol

ごちゃごちゃしていたインバータをもともと付いていた操作盤の中に入れ込むことができまして、ドラムモーター用のインバータの放熱版が少し加熱気味なのをケアすればそのまま行けそうでしたので、冷却の方は放っておいて、とりあえず2インバータ で回すことにしました。

それと補助バーナーとメインバーナーを連結して1つのバルブと圧力計で管理できるように改変しました。これで操作は少し楽になりました。

すこしアシストするだけで若干浅煎り向きの特性となり、500gでも感じていたカロリー不足感は解消されます。

現状での最小焙煎量について検討していたところ、200gだとどうやっても、焙煎を変化させた結果が現れにくく、ある程度以上の結果は望みにくい感じ。500gだとその点、いろいろ試した結果が反映されやすいのです。最小500gでもいいかもしれないとも思います。

750gくらいになると、冷却用の攪拌モーターを止めた状態でちょうど冷却器を埋め尽くす感じになって都合が良いので、今回750g〜800gを最小焙煎量として扱うことにしてみました。例えば、1キロだけある豆をいるとしたら、ハンドピックした後の余を200g弱試しに焙煎してみて、残りの800g弱をテスト用の本焙煎するといったイメージです。500gx2というのも捨てがたいのですけれどやはり豆温度の数字は1キロ近い方がどちらかというと判断しやすい値が見れます。そこをあてにせずに結果だけをみれば500gでもいいのですけれど、ある程度再現性を重視したほうが迷いが少ないかと。

以前の環境で500〜1kgで焙煎していた時はドラムが過熱気味でそんなに深煎りしていなくても、豆が汗をかいた感じの仕上がりになりやすく、それなりにユニークな焙煎もできたもののブレやすく困っていたのですが、今の設定ではそういう点は影を潜めています。それでも、まだまだもう少し、例えばじゃじゃ馬と言われたかつての1キロっぽい遊び心のある特性を出せるかというと難しいし、フジの3キロ半熱風らしい焙煎というのはまだまだに感じます。

この焙煎機らしさ、でいえば、やはり2,5kg位突っ込んで少しスペシャルテイにしては長時間焙煎と言える領域に踏み込んだ時でしょう。

次回は、この焙煎機ではこれまであまりいい感触が得られなかったものの、新型のフジの3キロで最適な焙煎量ではないかという話もある1,5kgでの焙煎にトライしてみようと思います。

ちなみに今回の焙煎では1バッチめは流石にまだまだ感が残ったものの、2バッチめからベストに近い感覚でいけました。

スコットラオの提唱する予熱手順はそのままフジでは使えないと思っていたので、少しやり方を変えてみました。

ダンパー(排気)は焙煎中に使用する最小開度でほぼ固定しておきます。

1)火力を焙煎中に使用する予定の最大火力で加熱を続けていき、温度を投入温度の30度上とかいうのをもう少し高めに取って50〜60度以上として、10分間維持。

次になるべくバーナーを切らず、焙煎中の最小火力前後まで落としてゆっくり投入温度に近づける(3〜5分程度かける)

投入温度(フジの場合ジャストは難しい)の±10度位で5分間程度キープ。どうしても火力だけで調整できない場合は、ダンパー(排気)を操作して投入温度に近づける

最初の1バッチは火を消さず、そのまま投入温度に合わせられたら焙煎開始。2バッチめ以降はTPまで火を消しておく。

以降、次の焙煎までほぼ5分間隔を維持して、その間で最低3分間以上投入予定温度±10度を維持してから、投入する。

この条件だとバッチ数が上がるにつれて、投入温度を下げなくてもなんとかいけそうです。

 

 

 

 

ふたたび復活の日 序章 2

まだ不完全な状態ですが、先日とりあえず9バッチほど連続して焙煎してみまして評価しまし’た。

最初のバッチは200gから。実質予熱はほとんどゼロタイム。投入温度プラス40度の時点ですぐに火を消して、焙煎を開始したため、最初のバッチはさすがに温まり切れていない感じです。

3バッチ目までは完全に豆の発散する匂いだけが頼りの逆転焙煎で4バッチ目から通常の焙煎方法だったのですが、ひょっとしたら最初から最後まで逆転方向で焙煎したほうがかえって良さそうです。ある程度の量の豆が入って回っていないとフロントパネル自体も温まりにくく、なかなかギアが入らない感じがします。

焙煎量を500gにアップした時点ですでに少し排気を上げなくてはならなくなって、火力もあげることになりますが、もうこの時点でサブバーナーとのカロリーのバランスがかわってしまうことと、サブバーナーが付いていない側から流入する冷たい空気の影響が強く出て、メインバーナーの火力を上げても十分に間に合わなくなるため、やはりサブバーナーをさらに数を増やす方向で増設していかないと思うような焙煎はできそうにありません。

今回は本当は12バッチまで行くつもりでしたが、9バッチ目の途中でサブバーナー用のガスがなくなり、仕方なく、途中からメインバーナー単独の焙煎へと切り替えて終了。全体的にサブバーナーとメインバーナーのバランスからして、今考えている焙煎での最大焙煎量は1キロ未満に抑えたほうがよさそうです。一応、サブバーナーを最大4倍までカロリーアップしてどのような結果がでるかためしてみるつもりではありますが、やはり半熱風らしい焙煎をするにはある程度メインバーナーでドラムを炙る感じで焙煎するのが不可欠で、メインバーナーのカロリーが十分でないと半熱風らしさをキープしつつ熱風式に近い焙煎をするのは無理なように思います。

それと、やはり独立排気だと時間の短縮自体はさほどではないものの、テンポ良く焙煎できるのは良いです。冷却のことを考えないで自由に投入のタイミングを決められるので、やり直しといったことがなく、冷却自体も急がなくて済むので十分にできます。さらに冷却側はサイクロンの抵抗から解放されて標準構成よりも強力になりますし、排気も実際にストレートに風が流れている感覚があって、ダンパーを操作したフィーリングも素直に感じます。あと、小さなことですけれど、わざわざレバーで冷却と焙煎側と切り替えなくて済むのもいいですね。慣れていてもたまにやるとおもいますけど、レバーを戻すのを忘れて焙煎を始めてしまったり、冷却開始してから慌ててレバーを操作したりというのが、ないというか、必要ないので、これがよい。ついでに攪拌モーターと冷却ファンが同時に回転開始するように配線を入れ替えましたので、すべてがワンタッチで済んでしまいます。

これに本格的な(といっても補助ファンなしで焙煎が成立する最小限程度)煙突を組み合わせてみるとどうなるか、ちょっと楽しみです。

煙突は必要悪とまでいってきましたが、やはりドラフト効果で自然に排気温度が上がるにつれて排気量も上昇する仕組みは悪くありません。さらに高いところから煙やにおいを拡散させたほうが周囲への影響は軽減されます。

また空気の流れ方も煙突の真上にファンをつけて自然に換気するのと同等の条件なので、下からファンをぶん回して無理やり上げるような無理がありません。ゆっくり自然の効果で排気されるのは地味によいのです。掃除の手間と風の影響を除けば。

今回はインバータ制御した排気ファンを採用しているので、風の影響を受けたとしても、その分をリアルタイムで補正できますし、4階の上まで上げるレベルの立派な煙突を用意しなくても同等の排気が可能です。少しぐらい詰まったとしてもファンの回転を上げて補正できるというのもありますけれど、なにより、クリンカーも結構ファンの手前で止まって煙突までいかないので、掃除の手間も結構ミニマムで済むと思います。

排気ファン周りの点検だけはこまめに行わないといけなくなるのですけれど、これといったネガもなく、この方式はメリットは多いはずなのです。

 

ふたたび復活の日 コンセプト

いろいろやっていて、結構余計なものを買い込んだりもしているのですけれど、そういうものがパズルのようにつながって、やっているうちにほとんど追加の投資なしに。それもほとんど作業も要らず独立排気の連続焙煎体制にできることがわかり、急遽、予定を変更して4モーター、3インバータ体制を構築することになりました。

というのは、ドラムモータもそうですが、いったん、慣れてしまうと、強制冷却モードがないとどうしてもきちんと焙煎できていない感じがしてしまうからです。

同じ連続焙煎でも、ディスカバリーの冷却は緩い。実際には焙煎量とのバランスで言えば十分以上に冷却は効いているのですけれど、2.2倍速冷却モードで2分未満で冷却完了できる状態になれると、あまりに遅くてちょっとまずいと思うくらいになってしまいます。実際に下ろすタイミングに影響するとしても、数秒レベルのことで通常無視できる範囲のはずですけれど、いつものあの感覚で冷やしたいと思ってしまいがちです。

ということで元排気モータは純粋に冷却のためだけに倍速モードをつけたモータに換装することになりました。

排気用に使うファンは強力すぎるくらいでそのまま繋ぐわけにはいかないので、こちらもインバーター制御が欠かせません。

ということで攪拌用モーターを合わせると4モーター3インバーター体制へ進化することに。

強制冷却はON/OFFだけなので操作自体は複雑化しないで済みますし、排気モーターもいったん標準設定を決めたら、後の細かい操作はダンバーに頼ることもできるので、そんなに複雑にはなりません。

ドラムも一発で反転できるスイッチは初めからつけてありまして、押すだけ。

回転数の変更もボリュームを回すだけでどうにでもなります。

本当は攪拌用モーターもときどき強力すぎて、手を挟んだり、腕をもっていかれそうになるので、何とかしたいのですけれど、この頃の半導体不足でインバータは入手難なので、こちらはストップボタンを新設して対処しようと思います。というかインバーターを使ったところでトルクはそのままで回転数だけが落ちるだけですからね。

もっとも、もう少しゆっくり攪拌したほうがいいんじゃないかという時はありますかfらまったく無意味とはいいませんけれど。