Coffee Beans Kurochamame

for Dripbags, Coffeemakers and hand-brewing

とりあえず、がらがらぽんと、やってみております

f:id:Kurotyamame:20200222093659p:plain

本日の焙煎4バッチ目

この豆はグアテマラなんですが、これまでの焙煎が柔すぎたというか、500gに全開をくれても、まだまだといった感じです。もう本当に最初の最初から3割から5割増しのカロリーを投入して、思いっきり熱を入れていかないとうまくいかないようです。

ちなみに真ん中のラインが225度で、投入直後でもこの線を大きく割らない方がたいていはうまくいきます(これはたまたまだったみたい)。もう少し投入温度を上げるか、火力を上げても大丈夫な気がします。

この豆のジューシーな感じはミディアム程度に収めないと残りにくいのですけど、それだとどうもこの地域ではうまくいかないので、深めのシティ位に持って言ったつもりですが、中途半端だったかもしれません。(酸味がのこるじゃありませんか。というかグアテマラでは当たり前ですかね)いっそ、イタリアンの一歩手前までもっていって、豆の味が残るやり方を探すべきかもしれません。

普通のSHBの方がむしろそういう焙煎にむいているかもしれないと最近思います。

この焙煎機に対して、この投入量だと本当は焙煎はもっと早く進行してもいいはずで、12分以内に治ってもいい感じなのですけど、それと、ここまで火力を要求されるのは、500gという焙煎量に対して、ひょっとして風量が強すぎるのかも。やはり風量計が必要かもしれません。