Coffee Beans Kurochamame

for Dripbags, Coffeemakers and hand-brewing

新旧コーヒーの香りと味 

先日、ひょっこり出てきた神戸のあるお店のパナマ

開封で豆のまま長時間放置したものでした。

ドリップバッグ にした分を今日試してみました。

パナマなので中煎りくらい。これぐらいの焙煎度だと、

もって2週間と随分長い間思い込んでいました。

大手の焙煎で田舎で手に入れていた頃の印象が強かったのです。

ところが、これ、確かに特に香りの中にある種の劣化感はあるものの、その最初のにおいをほとんど無視して、じっくり味わってみると、しっかり豆の中に封じ込められた自然の恵みがじわじわとつたわってきます。淹れてから時間がたつとともに飲みやすくなって、いつの間にか最後まで飲み干してしまいました。

さすがに2杯目を飲みたくなるようなものではなかったのですけど、

豆がよくて、焙煎が適切ならば、こういうこともあるんだとちょっと勉強になりました。

しかも、口の中で感じる芳香は意外にしっかりとしていて、ふくよかな余韻さえ感じさせてくれます。

なんとか、第一印象のかおり(におい)を改善する方向で劣化を抑えられれば、むしろ、缶詰みたいに(保管条件が適切であれば)賞味期限をすぎた方がむしろおいしいかも、といったバランスにもっていけそうです。