Coffee Beans Kurochamame

for Dripbags, Coffeemakers and hand-brewing

その後のディスカバリー

只今、予熱の条件やら試してみています。

今の所、200gまではOKですが、250g突っ込むとドラムと前蓋の間に沢山豆が詰まって、ついには蓋を押し上げてしまい、豆が出てきてしまいます。

メーカー公称焙煎量はやはりサバを読んでいるのか、それともこの個体が怪しいのか。

昨日はベストな予熱の条件を悩んでいるうちに、時間が立ってしまい、とうとう延々240分予熱後に焙煎してみましたが、これでも最初の100gのバッチよりも、3バッチ目くらいからが何となく、しっくり来る感じがありまして、焙煎する側のアイドリングの問題なのか、まだよくわかりませんが、多分、1時間半以上予熱する意味はあまりなさそうです。

やはり豆を入れて回すのが一番と思いますが、もう少し時間的に短縮できないとあまりに非効率しかし、仕上がりで200g焼けないとすると、フジ、狙ってますかね。