Coffee Beans Kurochamame

for Dripbags, Coffeemakers and hand-brewing

本日のディスカバリー 100g 4バッチ

湿度を取るために冷房を効かせていると、寒くて仕方なかったので、暖を取るためにディスカバリーを起動することにしました。

余熱は40分近くとってとりあえずはやっと見つかったグアテマラを100g。

ところが、全長2.5mの仮設煙突はディスカバリーの排気ファンにとって過負荷だったようで、排気不足気味です。

(実際には、出口のフィルタの扱いがかなり影響していたようです。)

オーバーロードですね。よく言われるように、換気扇のちかくにそっと、煙突を伸ばすくらいがちょうどよいのかもしれません。(この辺りは次の環境で試せると思います)

天井が高いし、壁に穴も開けられないので、煙突の長さは2m以下にはできませんし、

ダンパーをもう一段あけても、対処できそうにないので、補助ファンを用意した方が良さそうです。(排気ファンの出口を手直しして改善できそうです)

余熱の途中で前がかなり下がっていましたので、用意していた定規を下にいれこみました。釜が十分温まってからどうかは、今後検証が必要です。

なぜか、1ハゼが200度台の真ん中くらいまで上昇してしまったので、今回は点検のため、5バッチ目以降は停止することにしました。この状態のままでは排気を強化しようがダンパー操作しようがカバーできず、200gくらいからしか焙煎できなくなる可能性があります。とりあえず、センサーを外してみてみようかと思っています。

センサーはほどよく、こんがり焼けていましたが、そこまでカーボンが厚く集積しているわけでもなく、異常はありませんでした。