Coffee Beans Kurochamame

for Dripbags, Coffeemakers and hand-brewing

10000kcal/h VS 1.5㎏ マンデリン

さすがにカロリー不足感は解消し、深煎り目的だったこともあり、 1.8kpa以上に火力を上げる必要もありませんでした。

むしろ、意識して排気を過剰気味に持ち込んで調整したくらい。

結果は、思ったより操りやすかったのですけれど、ドラム回転数を上げたこともあり1ハゼは200度台になってしまったり、わかっていても戸惑ってしまいます。通常はこの焙煎機の1ハゼは185度前後でなければなりません。特殊な焙煎に挑戦しているとはいえ、予想外の部分もあり、ぱっとしない感じです。それでも十分に普通のコーヒー感はありますし、スタンダードと違って、それなりにマンデリン感もありまして、悪くはないのですが、狙い通りとはいきませんでした。

少なくとも深煎り目的なら1万カロリーは1.5kgでも過剰なようで、せいぜい8000kcal/hあれば困らなさそうです。むしろ6666kcal/hあたりに落とした方が、調整しやすくて、よさげです。

1バッチごとに、6666、8333、10000と変更できるようにしようと思いついたのですが、またまた部材が届くのは来週になる可能性がありますので、何とか間に合わせの方法でテストしてみようと思いますが、どうなることやら。