The Coffee Roaster House

Cup-on grinded coffee beans of decafe & specialities

やっとこさ3キロの移動に漕ぎ着けました

バーナーのセッテイングを修正して、合計6000+1600x2=9200kcal/hの構成で焙煎してみましたが、実は先回より少々悪化しました。200gの焙煎については流石にここまでこらない方がいいかも。→どうも主に排気の設定が全体的に弱すぎたみたいです。

あと、予想に反してサブバーナーはメインバーナーと連動せず、固定でいった方がうまくいくのかもです。うーん、何が起こっているんでしょう。ちょっと不思議です。

→メインバーナーを中心に操作するのでもなく、サブとメインを連動させるのでもなく、逆にメインバーナーをほぼ焙煎量に応じて変化させるとともに、焙煎中はサブバーナーを主に操作して、焙煎が成立するようにした方が上手くいきそうです。おそらくこの方が焙煎量やバッチ数の変化に簡単に対応できる上に、操作もいくらか簡便になるはず。ということでサブをメイン並みかそれ以上に引き上げられないか現在検討中。

いきなり秋らしくなって外気温や湿度が低下した影響を半屋外での焙煎ではモロに受けたのもあるようで、似たようなプロファイルは書けたとしても、結果は大違い。忠実に先回の設定をなぞるか、逆に大胆にいろいろ試してみて探るかした方が良かったかも知れませんが、移転の準備でそこまで時間は取れませんでした。

対象的に、今回は試験的に1,6kgまでの増量を試してみたところ、今まで得られないプロファイルがかけました。RORも20前後にまで持っていける可能性が出てまして、この構成を少し見直すと、これまでの最高レベルで、今まで苦手としていた1kg後半台での焙煎に適した設定にできそうな予感です。

あとは、200gからできれば2,4kg位まで特別なことをしなくてもスムーズに焙煎できる構成ができればいうことはないのですが。

この場合も、どうしても釜の蓄熱による影響はキャンセルできるわけではないので、最初の3バッチは余熱の延長扱い。4-7バッチまで比較的に200gでの焙煎に適した状態、その後は400、800g、1600g以上が望ましいといった具合で、状況に合わせて徐々にステップアップできると理想です。

200gの次は2,5kgというのは結構、きついし、ある意味ストレスでもあるので、最終的には基本的な焙煎量を400g以上、1,6kg以下で固定できたらいいと思っています。さらにできれば焙煎中に火傷しながら、バーナー取り替えたりしないで済む状態にできたら。

お借りしているテナントがコロナ明けで新しくドックカフェに切り替わることになり、移転の必要が生じたため、先日、とりあえず、焙煎機をまるっと移動させました。

移転先は簡易的な排気というか換気装備が既に取り付けられてありまして、当方の場合、しっかりとした煙突は必ずしも必要でないし、小型のプロパンボンベは常備しているので、電気さえあれば、移動してすぐに焙煎というのもできなくはないのですが、お借りしていた分のテナントの明け渡しに向けて色々やることが残っているのと、移転先も十分に条件が途整えられていない状態での移動でしたので、今日は無理でした。

ただ、来週あたり早めに、再度新しいバーナーと豆で試してみようと思ってます。

移動の準備中に外したバーナー部分を眺めていて、ぴかっと閃きました。LEDで3W相当くらいなので大したことではないのですけれど。

実は数ヶ月前に入手して、そのままになっていたバーナーが本当にギリギリ、手前のスペースにほとんど理想的な場所に収まることが分かりましたので、サブバーナー3本体制がほとんど手間をかけず、実現できそうなのです。現在4本目の搭載が可能か検討中。

これで最小でも1770+1600x2+6000=10970kcal/h スタートとなり、大体1万2千キロカロリーもあれば余るくらいで十分ではないかというこれまでの実感からすると、これだけで十分。

操作をどう簡略化するかは問題ですが、独立して火力を調整できるので、ドラムの中の温度分布を予想して調整したりも可能です。

これで足りない場合、バーナートップを入れ替えて、少しずつ増強すると

約11636、12303、12970、13636という刻みで変更して、最大はなんと14970kcal/hが絞り出せます。これでドラムの加熱具合も調整できる幅がぐーんと広がりますし、火力が不足する感覚はほとんどなくなると思います。また思い切って排気を上げることも可能になるので季節ごとの変化の対応にも余裕があってやりやすくなるはず。あとは操作をどうやって簡素化するかだけですね。

いい加減、こういう試行錯誤は終わりにして、焙煎そのものに集中したいものです。

早くも季節は秋らしくなって、ぜんぜん、焙煎の条件が変わりまして、その点でも半屋外の焙煎は打ち切りとしまして、今後は小さな焙煎小屋から、もくもくして行く予定です。