The Coffee Roaster House

Cup-on grinded coffee beans of decafe & specialities

2022年最後の大改修(もしくは2023年の抱負) ③ ドラフト効果の応用

せっかく煙突を排して必要なエアフローを確保できているのですが、ごく緩く煙突効果(ドラフト効果)が生じている条件の方がどちらかというと操作は楽なのではないかと疑っていまして、実質 1.5m分程度にしかなりませんが、少し排気筒に相当する部分を細工する予定です。サイクロンとファンの間に空気室のような空間をつくるのは独立排気にしていない機械に後付けでアシストする場合はおそらく必要かもしれないのですけれど、当方の場合は独立排気なので効果は限定的であまり影響しないはず。でも一度はやってみないとというのもあり。比較的高い天井のある空間に置かせてもらえている今ちょっとやってみようかと思っています。

さらに風の影響を受けにくい煙突をファンの出口側にも取り付けてみようかと思っています。

これは今使用しているファンの出口側の口径が小さいこともあり、一般のストーブに使われているような部材でも間に合ってしまうのもあり、コスト的にも最小限で取り付け可能です(コロナ前後の混乱と円安の影響で倍近く高くなってしまったのが地味に痛い)問題は取り付ける側の建物がかなりやわなので煙突をサポートする部分がほとんどないこと。台風で飛んでいくくらいでしたら、初めからない方がいいので、これは来年に向けた課題です。建物自体の補強を考えなくてはならないのです。