Coffee Beans Kurochamame

for Dripbags, Coffeemakers and hand-brewing

えもいわれぬ芳香がしばらく前からしておりまして

なんというか、飲み頃の深煎りっぽい香りが数日前から、テーブルの端の方からしてくるような気がしていたのですが、発生源が特定できず、放置していたところ、どうもこの辺りかなと目星をつけて、少し前にいった、エチオピアとイエメンのモカを取り出して、ドリップバッグ にしてみました。

豆の使用量は従来よりも抑えて、普通の小さめのカップでいただきます。

エチオピアナチュラル)は豆の放つ香りもなかなかよかったのですが、入れてみた感じは、ちょっと東京のそれなりの有名店のものといつわっても、え、そうなの?とかいって、半分くらい信じてもらえそうなくらい。結構、甘みもあるし、極深煎りならでわの良さが味わえるものでした。

対照的にイエメンの方は、もともとそこまで深煎り耐性のない豆を、イタリアンのイタリアンみたいなところまで徹底して煎りあげていますので、豆の放つ香りはそれなりにいいものの、やはり入れてみると、いかにも行き過ぎた感のある苦味が主体的で細かいニュアンスは煙になった後と言うのがバレバレです。

少し粉を多めに使って、フィルタも変えて様子を見ようかと思います。こちらは主に脱酸素剤の比較テスト用として使用することになりそうです。